2010年01月19日

ゲーム店強盗相次ぐ 茨木、城東 府警が関連捜査(産経新聞)

 11日午後10時45分ごろ、茨木市大手町のゲームソフト店「わんぱく茨木店」に男が押し入り、男性店員(22)に包丁のような刃物を突きつけて「金を出せ」と脅し、現金約55万円を奪った上、店員の腹を刺して逃走。店員は全治約2週間のけがをした。

 また、同11時ごろには、約12キロ離れた大阪市城東区今福西のゲームソフト店「おじゃま館蒲生店」に男が押し入り、包丁で男性店員2人を脅した上、手足を粘着テープで縛り、現金約35万円を奪って逃げた。

 茨木、城東両署が強盗致傷と強盗の疑いで行方を追っている。両署によると、男はいずれも30〜40歳で、身長170センチ前後。黒っぽいジャンパーとニット帽、マフラーを着用していたといい、連続強盗の可能性もあるとみて調べている。

子ども手当など61法案を提出へ 通常国会で政府(産経新聞)
電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト(産経新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
<鳩山首相>「問題あっても国民が選んだ」(毎日新聞)
海自撤収「国益損なう」=自民(時事通信)
posted by ウミネコ侍 at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

「ガンブラー」被害拡大 OSを常に最新の状態に ユーザーも自己管理必要(産経新聞)

 企業のウェブサイトを改竄(かいざん)する被害が相次ぐコンピューターウイルス「ガンブラー」。改竄サイトにアクセスすると自動的に不正サイトに移動し、ウイルスをダウンロードさせられて感染する恐れがある。不正サイトへの移動と感染は外見上、見えないため、一般ユーザーは注意が必要だ。被害に遭わないためには基本ソフト(OS)や使用しているアプリケーションソフトを最新の状態にしていくことが大切だ。(森本昌彦)

 ◆知らずにダウンロード

 ウイルス対策ソフトを販売するトレンドマイクロ(東京都渋谷区)がまとめた、昨年1〜12月の不正プログラム感染被害報告数ランキングによると、ガンブラーが発端となって不正サイトからダウンロードさせられた2種類のウイルスが4位と8位に入っていた。

 いずれもウェブサーバーなどからIDやパスワードを盗む特徴を持つウイルス。1種類についてはウイルス対策ソフトの動作を止める機能もあるという。ウイルスに感染したユーザーがウェブサイトを運営している場合、さらにサイトが改竄される恐れがある。別のユーザーがそのサイトにアクセスすると、さらにウイルスに感染する可能性があるため、被害が連鎖すると考えられる。

 やっかいなのは、ガンブラーを埋め込まれた正規サイトから不正なサイトに飛んだとしても、不正なサイトは画面には表示されないことだ。このため、ユーザーは不正なサイトにアクセスしたと気付きにくく、知らないうちにウイルスをダウンロードしている可能性がある。

 ◆使用ソフト把握を

 こうした被害に遭わないためには、どうすればいいのか。ダウンロードしたウイルスはコンピューターソフトの弱点を突き、感染する。まずは「Windows」などコンピューターのOSを常に最新の状態にしておく必要がある。OS以外のアプリケーションソフトもアップデートしておかないといけない。

 トレンドマイクロの担当者は「アプリケーションソフトの中には自動的に最新の状態に更新できず、自分でサイトに接続して更新する必要のあるものもある。このため、自分が使っているアプリケーションが何なのかを把握してください」と呼びかける。

 また、ウイルスをダウンロードしたかどうかを把握するため、ウイルス対策ソフトで定期的にコンピューター内を検索することも必要だ。最近では、不正なサイトに自動的にアクセスされるのを防ぐ機能を持つソフトもある。

 ウイルス対策ソフトがない場合は、オンライン上でウイルスを検索することもできる。ウイルス対策ソフトメーカーなどが無償で利用できるサービスを提供しており、窮余の策としてはいいだろう。

 いずれにしても、自己管理の徹底が求められているようだ。

                   ◇

 ■こんなチェック方法も…

 情報処理推進機構(IPA、東京都文京区)の「2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」によると、ソフトを最新状態に更新していない人にその理由を聞いたところ、24・2%が「手間がかかる」、42・5%が「更新方法が分からない」と回答している。

 このため、IPAは簡単な操作でソフトが最新の状態であるかどうかをチェックできるツール「MyJVNバージョンチェッカ」を開発し、公開している。現在7種類のソフトについて判定が可能。最新の状態になっていない場合は「×最新のバージョンではありません」と表示される。

大潟のコメ削減、全量回復へ=農相の批判受け−秋田県(時事通信)
高見順賞に岡井、岸田の2氏(時事通信)
ねずみ講事件 IT企業装い若者狙う(産経新聞)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず−東京地裁(時事通信)
季節に関係なく安全に供給 「野菜工場」に海外から注目(J-CASTニュース)
posted by ウミネコ侍 at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

<センター試験>725会場で16日から 55万人が志願(毎日新聞)

 大学入試センター試験が16、17の両日、全国725会場で行われる。志願者数は前年度比9387人(1.7%)増の55万3368人で、2年連続増加した。現役生(44万148人)の割合が79.5%で、過去最高を更新した。

 センター試験を利用するのは、すべての国公立大学(157大学)と私立494大学、短大160大学の計811大学。私大や短大の利用が年々増え、過去最多となった。

 16日は、公民▽地理歴史▽国語▽外国語、17日は、理科(1)▽数学(1)▽数学(2)▽理科(2)▽理科(3)−−の順に行われる。

 今年は新型インフルエンザへの対応で、例年は1週間後に行う追試験について、治療期間を考慮して2週間後の30、31日にずらすほか、全国で2カ所だった追試会場も全都道府県に設置する。【井上俊樹】

【関連ニュース】
センター試験:インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ
国立大学:新型インフル感染者、入試2次でも追試験実施
大学入試:国公立大2次試験の前期日程、149大学で開始
大学入試:国公立大2次試験の前期試験スタート 北海道
青山学院大:経済学部入試で出題ミス

昨年入国の外国人、前年比17%減(産経新聞)
岐阜ヘリ墜落 知事が事故当夜に宴席 女性幹部との懇親会(毎日新聞)
「路上簡易買春」を摘発=大学生逮捕、警戒強化へ−神奈川県警(時事通信)
候補者確保へ「政治学校」=民主に対抗、人材囲い込み−自民(時事通信)
<裁判員裁判>取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁(毎日新聞)
posted by ウミネコ侍 at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。